NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)

アクセスカウンタ

zoom RSS 典型的なNTRヒロインパターン

<<   作成日時 : 2007/01/01 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

よく用いられる典型的なNTRヒロインのパターンをいくつか挙げます。


@人妻
人妻は潜在的なNTR客体と言えるでしょう。
まず人妻の時点で夫婦という愛の結晶が推定されます。
そして日本独自の家文化が不貞の背徳性を高めています。
必然的に寝取られになってしまう便利な存在です。
たとえNTR描写がなくともある程度の下地は完成しているので、
夫婦仲が良くかつ堕ちモノでさえあればほぼNTRが成立。
ただし夫婦仲が破綻している場合は他人同然になってしまうので、
その場合はNTRの成立は難しくなります。


A新妻・若妻
人妻を更にNTR向きにしたのが新妻・若妻。
新婚ならではの夫婦愛の濃厚さが推定されるので、
堕ちモノであれば問答無用にNTRが成立します。
全てのヒロインパターンのなかで一番簡単なNTR。
インスタントNTRとでも言いましょうか。


B幼馴染
幼馴染というものは一緒に過ごしてきた期間が長い。
それだけお互いに隣に居て当然のような安心感を持っています。
相互に友達以上の愛情を注いでいるとも言えます。
その愛情を前提に寝取られの客体になることは可能です。
また自分の本当の気持ちに気付いていなかった等々、
大恋愛に派生する余地も過分にあるので使いやすい設定とも言えます。
当然、幼馴染の恋人・夫婦同士であれば、
通常の恋人・夫婦よりも寝取られのインパクトは強くなるでしょう。


B肉親(母親、姉、妹、娘)
特殊な客体です。
家族の繋がりは夫婦の繋がりと同様に強いという相互愛の性質から、
例外的に主人公・ヒロイン間に「恋」の要素なしに成立する寝取られです。
(なお、主人公ヒロイン間に必ずしも肉体関係が求められていない点に関してはコチラへ。)

寝取られのインパクトは被略奪による喪失の大きさに比例します。
喪失の大きさは絆の深さとも比例します。
その意味で大事な家族が訳の分からない男に蹂躙されるのは、
カップル前提の寝取られと同様以上の絶望感に苛まれます。
ヒロインが母のときは主人公は息子、
ヒロインが姉のときは主人公は弟、
ヒロインが妹のときは主人公は兄、
ヒロインが娘のときは主人公は父、となります。

寝取り男には基本通り「心を許してはいけない相手」が選出されます。
よく用いられるのは「不良」「チンピラ」です。
日常を破壊するのはアウトローな非日常の暴力という訳です。
主人公(息子)の同級生らに脅され犯され堕とされる母、
主人公(弟)をいじめる悪ガキに犯され堕とされる姉、
主人公(兄)の不良先輩らに犯され堕とされる妹、
通りがかりの不良たちに犯され堕とされる娘、という感じです。

また、主人公と肉親(ヒロイン)の繋がりの強さを強調することも大事です。
大事な人であればあるほど堕とされ奪われたときのダメージは大きい。
この点は他の客体と相違ありません。
「母子家庭で女手一つで息子を育てた母」
「弟のためなら不良集団相手でも立ち向かう気の強い姉」
「いつも兄の世話を焼いている妹」
「幼少時に妻を失い、妻の代わりに家事をこなしてくれた娘」
といった表現がよく使用されます。

以上のパターンを総合的に加味し具体例を挙げるとすると、
ヒロインが母の例ならば、
「女手一つで息子を育て、いつも気丈な母が、
 息子をいじめる不良(息子の同級生)たちに立ち向かうが、
 相手が悪く人気のない場所で陵辱されむりやり快楽を叩き込まれる。
 男日照りの熟女の身体は本人の意に反し肉欲に屈していき、
 やがて母は不良たちの情婦にさせられてしまう。」
というような展開が典型。




戻る






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
典型的なNTRヒロインパターン NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる