NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)

アクセスカウンタ

zoom RSS NTR好きな者(NTR属性)とは?

<<   作成日時 : 2007/01/01 19:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0



■NTR好き(NTR属性)の生態。

注:NTR好き≠NTR作品好き
「NTR好きな者(NTR属性)」と「NTR作品が好きな者」はイコールではありません。
NTR属性はNTR作品の主人公サイドに感情移入できる属性です。
つまり愛する女性が奪われるという被略奪に性的興奮を感じる属性のことです。

NTR作品は愛する女性が奪わ『れる』という構成がなされており、
基本的には奪われるという受身視点を想定して描かれています。
しかし、だからといって奪われる側のみに感情移入を強制するものではありません。
つまり、破滅していくカップルを肴に愉悦に浸るという寝取りの感情移入も可能です。
更に言えば、堕ちていく女性の心情に感情移入することも可能です。

このようにNTR作品自体には様々な要素が含まれているので、
NTR作品好きだからと言って必ずしもNTR好き(NTR属性)である必要はありません。
当作品がNTR作品であるかという問題と読者の視点は直接は関係ないのです。


寝取られた主人公に感情移入できる人とは?

答えはひとつ。

精神的なマゾ」 です。

精神的マゾ気質が皆無の人や、サド気質100%の人は厳しいと思います。
精神的マゾを前提に更に一歩踏み込める者だけがNTR属性を持つのです。

マゾはみな被支配に性的興奮を感じる性質を持っています。
被支配を言い換えると、自由・力・人格・プライド等々、
様々なモノを奪われることですので、被支配と被略奪は同質のものです。
奪われることに快楽を感じることがマゾヒズムの原点なのです。

NTR属性とは、そんな被略奪の中にNTR要素を含めることができるか否か、
つまり、その奪われるモノの中に「愛すべき女性」を含めることができるか?
ということなのです。これを肯定するのがNTR属性なのです。ドMです。


■被略奪で感じる性的興奮とは何か。

結論を一言で言うならば、それは『鬱勃起』というものです。
当然ですが、大切な人を奪われたら鬱になるのは当たり前です。
しかし鬱状態に陥っているのになぜか性的興奮が止まらない。
この現象の説明には"疲れマラ"みたく種の保存の危機に際する性欲向上が説得力あります。
ただこれでは説明つかないNTRパターンもあるし、
科学的にメカニズムが解明されている訳ではないので未だ謎が多い部分です。


■「鬱勃起」を構成している感情は何か?

鬱勃起に至る過程に発生する感情を考えてみます。
NTR作品における主人公の苦悩の分析ですから重要です。

個人的な経験則から、
おそらく以下の感情は間違いなく発生していると断言できます。

 @屈辱感:奪われることによってプライドに傷。
 A焦燥感:奪われてしまうという焦り、いらだち。
 B喪失感:奪われてしまったことによる心の喪失。
 C絶望感:取り返しの付かないという悲しみ。後悔。

このような感情が鬱に繋がり、マゾたちの被虐心に煽ってると思われます。
実に変態です。

ただ、一般的なNTR属性の持ち主は感情移入しているにすぎません。
なのでそれほど完璧にマゾである必要はありません。
フィクションだからこそ興奮できる。リアルでは勘弁。という人が大半です。

が、しかし・・・
世の中には実体験でNTR属性に目覚めてしまったツワモノも存在します。
本物の精神的ドMです。



戻る





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
NTR好きな者(NTR属性)とは? NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる