NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東雲龍 『 LOVE&HATE 』シリーズ (オークス,2007年04月〜2009年02月)

<<   作成日時 : 2009/03/04 22:45   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0




● 東雲龍 『 LOVE&HATE 』シリーズ (オークス,2007年04月〜2009年02月)

@ 『 LOVE&HATE 』 (オークス,2007年04月)
A 『 LOVE&HATE 2 〜HATELY ANGEL〜 』 (オークス,2008年04月)
B 『 LOVE&HATE 3 〜ENGAGE〜 』(オークス,2009年02月)

東雲龍先生が雑誌コミックXOで連載していた作品。
総ページ本編603頁+アナザーストーリー(初回限定小冊子)24頁
という近年の成年マンガでは稀にみる超長期連載作品。
もちろん雑誌コミックXOでも最長連載作であり看板作品だった。

東雲先生は少女マンガ調でハードな陵辱をこなす異色の漫画家。
いわばケータイ小説を成年向けエロマンガにした感じである。
女性作家らしくヒロインの心理描写を中心に物語が展開されていく。
ヒロインが身も心も堕ちていく展開が好きな人にはたまらない。

ただ前述したとおり雑誌XOの看板連載になってしまったために
必要以上に長期連載を強いられた感がある。
一般的にエロマンガでのNTRはページ数に限りがあるために
NTRの要素であっても省略せざるを得ない場合が多いのだが、
『LOVE&HATE』はむしろその真逆で冗長さが出てしまった。
特に寝取られ以降がズルズルと緊張感がないものになってしまい
最後は話の収集させるべく超展開にせざるを得なかった。
長編であってもNTR結末をハッピーエンドにするのは難しいようだ。

当サイトではNTR展開がメインの第2巻の発売に併せて紹介した。
ただ当時この作品は作者が意図的にNTRを描いたのではなく、
たまたまNTRになってしまった類であるという印象もあった。
しかし最終巻の初回限定小冊子にて作品プロットが掲載され、
それによると構想段階では本編結末はバッドエンドの予定であり、
さらに「寝取られをきっかけに鬼畜な方向に持っていければと・・・」
と連載前プロットにはっきりと書かれていた。
これにより作者は当初からNTRを意識していたということが判明した。



内容紹介。
あまりに長いのでまずは大きな流れを追う。
@第1巻はラブラブ。主人公とヒロインの愛ある調教物語。
 勝気な生徒会長のヒロインがSに目覚めた主人公に身も心も委ねる。
A第2巻はNTR。ヒロインが彼女を狙う男の罠にハマり凌辱されてしまう。
 主人公の居ないところで輪姦調教→孕ませと絶望的に事態になっていく。
B第3巻は調教。快楽漬けにされたヒロインが男の牝奴隷になる。
 以前の面影はカケラもなく心まで堕ちて男たちに媚びていく。

NTRは第一巻のラストから第二巻にかけて展開される。
その後、第三巻の半ばにかけて寝取った後の調教がずっと続く。
三巻の半ばで主人公がヒロインの様子に気づき駆けつける。
だが乗り込んだとこで返り討ちに遭い拘束されてしまう。
主人公の目の前で乳首ピアスの肉奴隷になったヒロインが乱れる。
NTR的にはここまで。

以降はハッピーエンドに向かうために超展開が続く。
知人のヤクザたちが現場に登場し二人とも救出され、
ヒロインは保護された先でヤクザの兄貴分にも抱かれるが、
主人公は彼女の全て(色情症、レイプ妊娠)を受け入れる。
女性作家らしく昨今のケータイ小説に見られるような
そんな女性のロマン全開のエンディングとなっている。
(どんなに私が汚れ心が迷おうとも彼は全て受け止めてくれる展開)

しかし、第3巻の初回限定版には小冊子が付録でついており、
その中には24ページのアナザーストーリーの漫画が掲載され、
ラストの超展開がまるまる違う結末になっている。
アナザーストーリーはヒロインを救出することができなかったバッドエンド。
ヒロインは誰にも救われず男の肉奴隷妻として生きる。
父親不明の子供を産み、生まれた女の子にアナルと名づける。
数年後、妙齢のヒロインはまだ少女のアナルと共に男に犯される。

超展開ながらもハッピーエンドが好きな読者は本編を。
救いがないほど寝取られるバッドエンドが好きな読者は小冊子を。
NTR好きたちの間でも結末の嗜好は分かれており(参照)、
多様な読者のニーズに合わせたものになっている。
以前は山文京伝『砂の鎖』のように本編をハッピーエンドにして
同人誌でNTR貫徹のバッドエンドを展開するパターンがあったが、
このように同時に両エンディングを展開したのはNTR漫画至上初。
ただ、本編でもやよいはレイプで孕んだ子を産むことになるのだが、
アナザーストーリーとは異なり生んだ子は男の子である。
しかもその男の子は寝取り男の中越に外見がそっくりであるので、
ハッピーエンド本編にもバッドエンド要素が含まれている感はある。



中弛みや超展開などマイナス評価も多い作品だが、
それでもNTR漫画を代表する話題作になったのは違いない。
殿堂入りこそ実用性であと一歩だけ届かなかったが
NTRを語る上では読んでおくべき定番の作品ではある。


 ○───【 ストーリー 】───○

<LOVE&HATE 1>

規律を重んじる真面目な生徒会長のやよい。
彼女は喫煙する不良たちにも物怖じせず堂々と立ち向かう勝気な性格。
そんな彼女も入学式で出会った優しい癒し系の拓海に一目惚れ。
自ら告白して彼と付き合っている。
ところが、あまりに純情すぎる拓海にやよいも我慢の限界。
彼の家にお邪魔したチャンスに誘惑してエッチにもっていくことに成功する。
だが、それによって眠っていた拓海のサドスティックな欲望が覚醒。
それ以来、やよいは拓海に調教されることになる。
バイブに剃毛プレイ、ローターつけての授業、露出プレイ気味の青姦、
やがては浣腸プレイにアナルセックスとどんどんエスカレートしていく。
しかし拓海を愛しているやよいは満更でもない。

だが、屋外での行為がある男に見られていた。
その男はいつもやよいに振り回されている腰ぎんちゃく副会長の中越。
彼は周囲には気の弱い頼りない副会長として通っているが、
心の中ではやよいを年下の男に取られたというドス黒い想いを抱えている。

中越は生徒会室にやよいを呼び出すと彼女を脅迫する。
気が強いやよいは彼の要求を突っぱねて帰ろうとするが、
その行く手は中越によって集められた不良たちに囲まれる。
そして陵辱が始まる。


<LOVE&HATE 2>

やよいは中越の罠にハマり、不良たちに無理やり輪姦される。
それでも心が折れないやよいに中越は媚薬を使おうとする。
恐怖にかられて拓海に助けを叫ぶがその声は届かない。
媚薬を塗られて放置されると身体は火照り愛液が止まらなくなる。
そんな身体を弄られるともう我慢がきかない。
とうとう快楽に負けて自らおねだりをしてしまう。
「が・・・我慢できない・・・の もぉ・・・ 構わない・・・から挿れ・・・てよ」
不良たち全員から壊されるほど乱暴に犯されてようやく解放される。

それでもやよいは負けなかった。
翌日の中越からの要求にも警察に訴えてやると強気に立ち向かう。
だが中越は録音したおねだり声を拓海に聞かせてもいいと脅迫。
拓海にだけは知られたくないやよいは身体を開いて従うしかない。
また媚薬を使われるとあっさりと潮を吹きながらイカされてしまう。
それでもやよいの心は折れず、フラフラになりながらも悪態をつく。

中越たちはやよいの心を折るために浣腸調教をはじめる。
抵抗するたびに浣腸の量を増やすという責めに
やよいは次第に反抗する力を失っていく。
だんだん苦しくなってくると答えなくない質問でも、
注射の先を肛門に突きつけられるだけで素直になってしまう。
やがて限界が近づき、トイレに行かせてと泣きながら懇願する。
中越はカメラの前で俺たちの奴隷になると誓ったら許してやると言う。
大勢の前で大便をもらすという恐怖にとうとうやよいの心は折れてしまう。
「わ・・・私・・・は な・・・中・・・越様・・・の ど・・・奴隷になり・・・ま・・・す」

奴隷誓言を録画されて以降、やよいは逆らえなくなってしまった。
時を同じくして家庭の事情で拓海はしばらく休学することに。

彼氏がいなくなったのをいいことに頻繁に校内で輪姦される。
そして行為はどんどんエスカレート。危険日に大勢に膣内射精させるに至る。
彼らはトドメにザーメンを混ぜ合わせた浣腸用注射をやよいの子宮に流し込む。
そしてやよいは妊娠してしまう。

<LOVE&HATE 3>

休学していた彼氏の拓海が復学する。
だがすでにやよいは手遅れなほど調教されてしまっていた。
彼が帰ってきたそのときも体育倉庫で多くの男たちに輪姦されている。
乳首ピアスに卑猥な落書きさられた身体で牝奴隷のように。
彼が帰ってきた。フラフラになりながらもかすかな希望にすがる。
しかし首輪を強く引っ張られさっさと奉仕しろと強要されると
ガチガチと奥歯を震わせながら恐怖に怯えて従順になってしまう。
もはやかつての生徒達の憧れの的だった生徒会長の面影はない。

拓海はやよいに電話をかけるが一向に繋がらない。
そんな折、やよいの親友の藤崎が拓海に近づく。
やよいとの不純異性交遊をバラされたくなかったら
私にも調教して欲しいと半ば脅迫に近い誘惑してきた。
拓海のサドスティックな人格が目覚め藤崎を強引に犯す。
誰もいない教室での行為だったが現場をやよいに目撃されてしまう。
最後の希望を失ったやよいは中越を夜の公園に呼び出すと
メチャクチャに犯して欲しいと自暴自棄に身体を差し出す。
中越のマンションで多くの男たちに犯されて快楽に溺れる。

誰もやよいと連絡がつかなくなる。家にも帰ってきていない。
その場に一緒に居た拓海の友人の高橋がおそるおそる写メを見せる。
画面にはやよいが複数の男たちに犯されている画像が表示されていた。
ここにきて初めて拓海はやよいが精液便所にされていることを知る。
激昂した拓海は不良たちを襲い中越の居場所を力づくで聞き出す。

だがやよいは既に肉奴隷も同然だった。
男達はやよいの膣内とアナルにローターを大量に放り込み、
代わる代わる二穴とも肉棒で激しく壊すように犯し尽くす。
気を失う度に全てのローターにスイッチを入れられ叩き起こされる。
目からは光を失い痴女のようにただただ快楽に溺れる。
「ああ♥ イイ もっとかけて もっと♥
 やよいにいっぱいザーメンちょうらい♥ あ゛〜っ♥」

男たちはやよいを好き勝手に弄ぶ。
拳を膣内に無理やり押し込みフィストファック。
調教済のやよいの身体はそれすらも受け入れていく。
膣の最奥を拳で犯され狂ったようにイカされる。

そのとき拓海が中越のマンションに辿りつく。
やよいを助けるべく単身乗り込むが待ち構えた不良たちに返り討ちに遭う。
拘束され凌辱の光景を見せ付けられる。
「やよいさんに何をした!!」
「勘違いしないでくれるかな?これは彼女が望んだことだよ」
「何を!!」
「そーそー彼氏が相手してくれなくて寂しいってな だから俺達が慰めて」
「黙れ!!やよいさんがそんな事・・・」
「だったら本人に聞いてみようか?
 小島(拓海)のヤツより俺達の方がイイですよねぇ?」
イキ狂わされた余韻に浸るやよいが拓海の存在を認識して呟く。
「たく・・・み ・・・く・・・ん?」
だがもう手遅れなほど堕ちていた。
「あ〜〜〜 たくみくんだぁ♥
 えへへ・・・あのねぇ この人たちに犯されるのがねぇ?
 とっても気持ちいいのぉ♥
 たくみくんとするよりずっとずっとすごいんだよぉ♥」
そして中越に抱きつきながらおねだりを始める。
「あは♥もっと犯してぇ♥
 やよいをやよいをもっとボロボロにしてくださぁい♥」

⇒本編END
 拓海がお世話になっていたヤクザが現場に乗り込み二人とも救出。
 だがやよいは中越の調教によりニンフォマニアとなってしまっていた。
 誰彼構わずセックスを求め、ヤクザの兄貴分にも抱かれる。
 彼女は自分を責め、拓海に別れ話を切り出す。
 しかし拓海は嫌だと言い放ち、強引にやよいを犯して再調教する。
 やよいは愛ある調教に心を開きレイプ妊娠したことなど打ち明ける。
 拓海は彼女の全てを受け入れる。ハッピーエンド。

⇒小冊子アナザーEND
 拓海の助けはなく毎日毎日男たちの精液便所になっている。
 つい半年前まで皆に憧れる生徒会長だったが今ではメス豚扱い。
 直腸にホースで水道水を流され強制浣腸アクメにトランスする。
 理性を失う薬を打たれ続けもはや人格すら保っていられなくなっていた。
 妊婦のお腹のまま生徒会長として全校生徒の前で卒業式の答辞。
 檀上に上がったやよいは淫らな言葉を紡ぎながら全裸になっていく。
 卑猥な落書きだらけを身体を曝け出し全校生徒の前で自慰を始める。
 膣・アナル・尿道すべてに器具を差し込まれ涎垂らしながらイキまくる。
 10年後。
 夜の病院で医者になった中越を一生懸命に奉仕するやよいの姿があった。
 ×歳になった娘を手招きすると娘のあそこを指で開き中越に捧げた。
 バッドエンド。

 ○───【 NTRパターン 】───○
彼女NTR

 ○───【 NTR評価ポイント 】───○
1.親愛:★★★★:丸1巻かけて主人公とヒロインの関係を描いている。
2.介入:★★★☆:ヒロインの部下。主人公にヒロインを取られた嫉妬。
3.体堕:★★★★:媚薬で犯され、最後は精液便所になっていく。
4.心堕:★★★★:失意で自暴自棄になり自ら男に身体を開いていく。
5.離完:★★★★:奴隷宣言ビデオ。妊娠。彼氏の前で裏切りセリフ。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
東雲龍 『 LOVE&HATE 』シリーズ (オークス,2007年04月〜2009年02月) NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる