NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)

アクセスカウンタ

zoom RSS 葵ヒトリ 『犯りたい人妻』 (一水社,2008年07月)

<<   作成日時 : 2008/07/28 22:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0



● 葵ヒトリ 『犯りたい人妻』 (一水社,2008年07月)
 ○ 「人妻は断れない」

一水社の中堅作家、葵ヒトリ先生の新刊。
オレカノ!、純愛果実にて活躍している。
本単行本はまず表紙が秀逸。
実力ある漫画家なので出来のいい表紙は歓迎である。

先生は彼女・人妻堕としが作風なので寝取り属性作家である。
本単行本もほとんどが人妻寝取り作品で構成されている。
当サイトのスタンスとしてはたとえ寝取り作品であっても、
NTR要素があり、かつ、高い実用性ならば紹介することにしている。
換言すると、欠けたNTR要素の脳内補完が容易かどうか、かつ、
それを行うだけの価値(実用性)があるか否かで掲載判断をする。
(参照:NTRデータベース作品評価に関して

なお、人妻作品ではないので本単行本からは除外されたが、
「オシズカニ」(美少女的快活力 Vol.14)という実用性高い傑作がある。
次は収録されると思われるので早く次の単行本が出ることを望む。
【2009年2月28日追記】
「オシズカニ」単行本収録⇒ 葵ヒトリ『人妻汁まみれ』(一水社,2009年02月)



本単行本の中でNTR要素がある作品は以下の3作品。

@SWEET REVENGE partT(巻頭カラー)partU(本編)
・・・夫が他所の奥さんに手を出したために妻がその旦那から体を要求される。
 妊娠している身体に男の精液を流し込まれる。男との関係は続くことに。
 →堕ちる描写がほとんどないのが残念。

A彼女は人妻→夏の人妻→ある日の夫婦生活(続き物)
・・・かわいくておとなしい夫の後輩君を味見しちゃった人妻。
 だが後輩君は外見からは想像もつかない巨根の持ち主で逆にハマってしまう。
 彼の女になった妻は夫の目を盗んではエッチを繰り返す。
 →常に後輩君が受身なのが残念。

B人妻は断れない
→今回紹介。実用性が高く一見の価値あり。
 一時の気の迷いから浮気癖を植えつけられてしまう。


 ○───【 ストーリー 】───○

毎夜毎夜激しく愛し合っている夫婦。
だが主人が週末に出張になってしまった。
そして偶然にも隣に住んでいる夫婦の妻も友人と旅行に行っていた。
残された者同士、妻と隣の旦那さんは一緒にお茶をする。
そこで隣の旦那さんからある提案が。
それは「今夜私と不倫しませんか?」というものだった。
妻は「ふざけないでください」と声を荒げて怒る。
しかし男は彼女が大声で啼きながら潮を吹くような
淫乱さを持っていることを知っている。
マンションは隣と隣との間の壁が薄く、
しかも寝室が対称となっているので毎夜毎夜まる聞こえなのだ。
「夜になれば自然と身体がうずくでしょ
 一人で慰めるてもイケなければ喜んでお手伝いしますよ」
と悪魔のささやきを残して帰っていく。

夜。
彼女は隣の家の玄関先で男の指を受け入れていた。
夫に開発されすぎて淫乱な身体になっている彼女は、
もう自慰では性欲を満足させることができなくなっていたのだ。
「挿入れるのは無しだから・・・触るだけ・・・」と、
一人Hの手伝いということをお願いして男に自分の身体を預ける。
「(あなた・・・ゆるして・・・不倫なんかじゃないのよ・・・)」
キスを求められるとそれくらい平気と受け入れてしまう。
ねっとりと舌を絡みつけられるキスで脳が火照っていく。
そして巧みな指技で膣壁を擦り上げられると一気に上りつめてしまう。
「(そんなことあるわけない・・・あなた以外の男で―――)」
「イきそうなんでしょ?いいですよ イっても ホラホラホラッ」
「(感じるはずない!! イカされたりしないわ・・・・ッ)」
 あッ・・・は・・・
全身をビクビクと痙攣しながらイってしまう。

それから一時間半、身体の隅々まで舐め回される。
主人が触れたことのないアナルまでふやけるまで溶かされ、
あそこを曝け出した恥ずかしい格好のままぴくぴくと痙攣する。
その間も男は彼女に射精し続けたが一向に萎える様子はない。
夫以外の精にまみれ、快楽に飲まれ、次第に脳が溶け出していく。
身も心も堕とされイクだけの肉人形と化していく。
そんな彼女の秘部に男は自身の巨根をあてがう。
「挿入れちゃうよ 不倫になっちゃうけどいいよね奥さん
 あれ?もうブっこわれちゃったかナー
 ま それが狙いだったんすけど」
「(ああ・・・あなた・・・私もう・・・)」
彼女は股を開ききったまま肉襞を無防備に晒している。
「じっくりほぐしてブッこわしてからゆっくり頂くと。
 こうなるともう拒めないでしょ」
ズブズブと男がゆっくりと侵入してくる。
しかし今の彼女はそれをただ受け入れることしかできない。
「いただきまーす」
剛直を一気に奥まで貫く。
「(ダ・・・・・・メ・・・つつ)おおン あ゛あ゛あ゛」
入れただけで全身痙攣してイってしまう。
だが男は容赦なく激しく突きあげる。
もう獣のように咽び喘ぐことしかできない。
「固くて・・・届いてるっっ 主人より全然いいのォっ
 出ひてっ らひれへっ」
トドメの膣内射精とともに潮を吹きながらまた絶頂を迎える。

夕食時。
「――週末また出張なんだ
 いつも悪いな断ろうか?さみしいでしょ」
と心配する夫に、彼女は答える。
「私は・・・大丈夫よ 断らないで」


 ○───【 NTRパターン 】───○
NTR視点=夫
NTRタイプ=妻NTR

 ○───【 NTR評価ポイント 】───○
1.親愛:★★☆☆:夫婦仲の描写は少ない。
2.介入:★★★☆:隣に住む夫婦の旦那。
3.体堕:★★★★:絶倫と巧みなテクの前に次第に男の女にされていく。
4.心堕:★★★☆:淫らな身体を満たす男の巨根にハマっていく。
5.離完:★★☆☆:夫の知らないところで不倫は続く。









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
葵ヒトリ 『犯りたい人妻』 (一水社,2008年07月) NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる