NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)

アクセスカウンタ

zoom RSS LINDA 『W -HIP-』 (富士美出版,2008年09月)

<<   作成日時 : 2008/09/13 03:07   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0



● LINDA 『W -HIP-』 (富士美出版,2008年09月)
 ○ 「ルームシェア」

LINDA先生、2年ぶりの単行本。
原稿を貯めに貯めたので二ヶ月連続のリリース。
8/9発売の『W-PAI-』は胸を強調したアングルが多く、
9/8発売の『W-HIP-』はヒップを強調したアングルが多い。
そして何故かNTRは『W-HIP-』に集中している。
したがって紹介する単行本は『W-HIP-』。

ちなみに二冊並べると一枚の絵になる。
画像


LINDA先生は自らネトラレ作家を認めている。
前単行本『ネトラレヅマ』はそのタイトルどおりにネトラレ中心。
エロマンガ界で初のNTRタイトルの単行本だった。

ただネトラレヅマはタイトルはネトラレだったものの、
内容はネトラセ(寝取られ気分を味わうために意図的に寝取らせる)が多く、
LINDA先生にとってのNTRはネトラセではないかと思われた。
だが本単行本ではストレートな寝取られ展開が含まれており、
どうやらNTRの概念を広くもっていたようである。

『W-HIP-』には四作品ほどNTR作品が収録されている。
@ハネムーン
・・・新婚旅行先で夫の過去の女性遍歴で大ケンカ。
  凹んでいたところに若者たちにナンパされ過ちを犯してしまう。
A繕い 前編・後編
・・・昔の男に背負わされた借金を夫に内緒でソープで働き返済している。
  そのことが夫の同僚にバレてしまい、それをネタに犯される。
Bウワキな彼女
・・・他の男に抱かれることにより彼に嫉妬を抱かせて愛を確認する恋人。
  主人公は彼女の異常な愛情に不安を抱いて職場の先輩に相談する。
  だが家に帰ると彼女は先輩にアナルを犯されヨガっていた。
Cルームシェア
・・・優柔不断な主人公は親友の彼女とズルズル関係を続けている。
  それをネタに親友が自分の彼女を犯してしまう。

LINDA先生のNTRの特徴は破滅型バッドエンドがないこと。
どんな寝取られでも最後には元鞘もしくは救いのあるラストになっている。
これはネトラレヅマから続くので先生のスタンスだと思われる。
いわゆるNTRを恋愛のスパイスとみなす考え方である。

四作品とも「あなた(○○君)・・・ごめんなさい・・・」系。
どれも一定レベルは超えており甲乙付けがたいところだが、
逆に特出して優れているという作品もなく選びにくいところ。
総合的に判断して「ルームシェア」を紹介。

これは個人的な感想だがLINDA先生の商業NTRは凌辱色が薄い。
ただでさえ絵柄が洋物ポルノチックなので凌辱色が薄くなると、
妙に背徳感や絶望感が薄い明るいNTRになってしまうのだ。
ヒロインは最初から開き直って男との行為を楽しんでいるノリすら感じる。
できれば寝取られる過程、女性の堕ち心理なども重視して欲しい。


■「ルームシェア」

 ○───【 ストーリー 】───○

幹彦には麻美という恋人がいる。
大人しく優しい性格。奥手で麻美の初体験の相手は幹彦だった。
彼女はすぐ不安になってしまうので守ってあげないといけない。
そんな庇護欲に駆られる女性である。

だが幹彦は彼女に秘密にしていることがあった。
親友である毅の彼女の理恵と肉体関係があったのだ。
恋人への裏切りだと分かっていてもズルズルと関係は続いていた。

幹彦と麻美、毅と理恵の4人はルームシェアで共同生活をしている。
愚痴を言い合える仲間同士うまくいっていた。
今日は毅が浮気したことで理恵が怒っている。
でもあまり深刻な様子はない。
毅も理恵も恋人の浮気そのものにはそれほどタブー視していないようだ。
何回も浮気を繰り返す毅はもちろんのこと、
理恵も幹彦というセフレをキープしているので当然である。
幹彦も罪悪感を抱えてはいるが人のことは言えない。
麻美だけが恋人の浮気を想像して不安になっていた。
幹彦はそんな彼女をみて更に罪悪感を募らせる。
その夜は麻美をたくさん愛した。
麻美は幹彦にもし浮気なんかしたら耐えられないから・・・と不安がる。
幹彦は罪悪感に苛まれながら「ああ・・・」と返事をするしかない。
このままじゃいけない。
幹彦はケジメをつけるたけに最後に理恵と話し合う時間をつくった。

しかし遅かった。
幹彦と理恵が外で会っているということは、
部屋では毅と麻美が留守番をしているということだ。

プレイボーイな毅は恋人の浮気は大して興味ない。
理恵が幹彦をセフレにしていることも知ってて放置していた。
だが今はそれをネタに麻美を喰うチャンス。
プレイボーイの血が騒いだ。

毅は麻美に二人が出来ているということをバラす。
信じたくない麻美だったが幹彦の様子がおかしいことには気づいていた。
悪い予感はしていたとはいえショックは隠し切れない。
毅は浮気されたもの同士慰め合おうとやや強引に麻美に襲いかかる。
優しい麻美は毅の悲しみの演技に同情してしまう。
恋人の浮気発覚で気が動転しているのも手伝って抵抗をやめてしまった。

プレイボーイである毅のテクはすごかった。
麻美の巨乳を揉みしだきながら乳首に吸い付く。
乳首責めだけだというのに麻美の身体はどんどん開いていく。

毅はドロドロになった穴を指に開いて頃合を確認すると
勃起した巨根を彼女に見えるように突き出す。
麻美の目は潤み全身から力が抜けている。
もはや何をされても抵抗することはできない。
巨根は秘肉をかきわけ無防備な膣に進入をしてくる。
彼女は嬌声をあげて乱れてしまう。

毅はあまりの具合の良さにうっかり膣内射精してしまう。
だが今更やめられない。
何度も何度も膣内射精を繰り返しながら犯し続ける。
麻美は快楽にドロドロに溶かされていく。
「(幹彦くん・・・ごめんなさい・・・)」

そのときドアが開く。
理恵との関係を清算した幹彦が帰ってきたのだ。

こうして四人のルームシェアは終わりを迎えた。

 ○───【 NTRパターン 】───○
彼女NTR

 ○───【 NTR評価ポイント 】───○
1.親愛:★★★☆:恋人同士。彼女は彼に一途。
2.介入:★★★☆:プレイボーイの親友。
3.体堕:★★★☆:感じやすい身体に快楽を叩き込まれる。
4.心堕:★★☆☆:男の絶倫攻撃に飲まれる。
5.離完:★★☆☆:行為中に主人公が帰ってくる。

 ○───【 紹介サイト 】───○
アキバBlog W-HIP-(ダブルヒップ) 「美尻乱舞!人妻エロス満載」







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
LINDA「W-HIP」
相変わらずのむっちり具合。下着とかタイツとかからはみ出した肉っぷり!! カラー... ...続きを見る
エロ漫画レビューサイト えろまん!
2009/01/11 23:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
LINDA 『W -HIP-』 (富士美出版,2008年09月) NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる