NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)

アクセスカウンタ

zoom RSS 草津てるにょ 「館極」 COMIC失楽天(COMIC快楽天2008年12月号増刊)

<<   作成日時 : 2008/11/20 22:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



● 草津てるにょ 「館極」 COMIC失楽天(COMIC快楽天2008年12月号増刊)

毎度お馴染みの草津てるにょ先生。
テンゴロシリーズも単行本になり好評を博している模様。
とらのあな大阪でも週間売上1位を記録していた。(オタロードblog参照)

草津てるにょ先生のNTRはヒロインのアクメ堕ち重視。
主人公の視点があまり描かれないので寝取り寄りでもある。
だが本作はキチンと主人公の視点で奪われる焦燥が描かれている。
その意味では本作が一番NTRらしいNTR作品とも言える。

内容は借金を負った夫のいわば人質という形で
妻が金を貸した男の慰みものにされてしまうお話。
男をただの債権者ではなく夫のライバルにしたところがポイント高い。

相変わらず人妻の蒸れるようなエロスは見事なもの。
個人的にはみやびつづる先生と並び人妻絵師の殿堂に入っている。
実用性も非常に高く当然オススメである。
失楽天はコンビニでも売っているので是非読んで欲しい。


 ○───【 ストーリー 】───○

夫の達彦の会社が倒産。自宅も差し押さえられてしまう。
妻のほのかと娘の瑞樹は債権者の一人である夫の親友の園崎に招かれ
彼の屋敷に住み込みの女中として働くことになる。

園崎は達彦と高校時代からずっとライバルだった。
達彦の妻子に住む場所を与えたのは親切心だけではなかった。

ほのかは呑気な性格。
この際だからお屋敷での女中生活を楽しんじゃおうと気楽なものだった。
だが、園崎は彼女に女中の仕事をさせる訳がなかった。
ほのかは警備のための身体検査と称して下着だけを残して服を剥ぎ取られる。
事ここにきてようやくほのかも貞操の危機を自覚する。

「主人は必ずお金を返します!」と気丈に振舞うが、
園崎は根本的に債務者というものを信じておらず意味がない。
むしろヤツの女房を喰える機会が出来たと舌なめずりしている。

流されるままにほのかは屈辱の身体検査を受ける。
メイドたちに股をV字に開かせると園崎は彼女の女性器を指で弄る。
貞淑なほのかは夫以外の男に女性器を広げられる屈辱にわななく。
だが気丈にも口だけは抵抗を続ける。
「こんな事バカげてるわ あなたはお金以外何も信じていない 哀れだわ・・・」
しかしそんなキレイ事が通じる訳がない。
園崎は彼女のアソコにワインを垂らしてねぶりながら指で奥までかき回す。
アナルもほぐされ両穴を弄られるとほのかの熟れた身体は反応していく。
「んうっ こんなっ まだ・・・なのぉ?」
これ以上屈辱的な検査を続けられると恥を晒してしまう。ほのかは焦る。
だが園崎の攻めはこんなものでは終わらない。
メイドに卑猥な道具をもってこさせるとほのかの二穴を容赦なく攻める。
すでに限界ギリギリのほのかに耐えられる訳もなかった。
夫以外の男に好き勝手アソコを弄ばれているというのに
涎を垂らしながらの無防備な顔で痙攣絶頂してしまう。

ほのかを一度イカすと園崎は大胆に攻めてきた。
絶頂後の火照った身体を攻められながらもほのかは気丈に抵抗する。
「いッ・・・ イヤよっ そんな事までするいわれはないわっっ」
だが娘を身代わりにしてもいいんだぞと脅されると逆らえなくなる。
屈服したほのかに園崎は口や胸を使って自主的に奉仕させる。

そこに達彦から電話がかかってくる。
驚いたほのかは動きを止めるが園崎は強引に頭を掴みフェラを続けさせる。
ほのかは夫の声を聞きながらのフェラ奉仕という屈辱に耐える。

金策に走っている達彦は園崎の好意にすがって妻子を預けるしかない。
すでにほのかが毒牙にかかっているとも知らずに。
達彦は園崎に頼み、ほのかと話をさせてもらう。
「スマンほのか 必ず迎えに行くっっ」
だが妻の言葉は息苦しそうに途切れ途切れに聞こえる。
「しっ 信じてるわ だからっっ なるべく早く きてっっ」
ほのかはアナルパールを入れられバックから園崎に貫かれていた。
達彦は電話を代わった園崎に最後にもう一度妻の声をと懇願する。
園崎はそのタイミングに合わせてアナルパールを一気に引き抜く。
「くっはあぁああっ
妻の喘ぎ声が受話器の向こうから響く。
「もしもしっ ・・・ほのか?」
「ああ・・・そこはいじっちゃダメッ・・・ はあああっ
「ほっ・・・ ほのか? 何言ってるんだよく聞こえないぞ 」
さすがに電話の向こうで何が行われているのか気づく。
「やはり尻か?尻がいいのか?ん?」
「そんなっ くふっ ダメェッ ああっ・・・ダメッ そんな激しくっっ」
「ほっ・・・ほのか?」
電話が切れる。
そんなバカなと達彦は信じられない。
こんな時にほのかが他の男と寝るなんてありえないそんな女じゃない・・・
焦りと混乱で脳がパニックを起こし受話器を持ったまま呆然と立ち尽くす。

だが受話器の向こう側では事態は達彦の想像を超えて深刻だった。
園崎は熟れたほのかの身体を味わいながら恐ろしいことを言う。
「これならエエ子供が産めるかも知れんな」
ほのかは凍りつく。
「なっ・・・まさかっっ やっやめてっっ あなたの子供なんて産みたくないわっ」
だがほのかに子宮口まで深く突き刺さった肉棒から逃れる術はない。
あっさりと大量の精を子宮内に放たれてしまった。
「ああ ・・・うっ・・・うそ 本当に膣で射精するなんて」
放心状態のほのかに園崎は絶望的な言葉を吐く。
「アレが迎えにくるのが先か 奥さんが孕むのが先か・・・ククク
 楽しみがひとつ増えたわ」

 ○───【 NTRパターン 】───○
妻NTR

 ○───【 NTR評価ポイント 】───○
1.親愛:★★★☆:家族のため必死に金策に走る夫と心配する妻。
2.介入:★★★★:夫のライバルである金持ち。
3.体堕:★★★★:弱いアナルを開発され両穴絶頂を喰らう。
4.心堕:★★★☆:熟れた身体を責めたてられては気を強く持てない。
5.離完:★★☆☆:夫は電話越しに妻の痴態を聞かされる。









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
草津てるにょ 「館極」 COMIC失楽天(COMIC快楽天2008年12月号増刊)  NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる