NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)

アクセスカウンタ

zoom RSS オイスター 『美徳乃不幸』 (一水社,2009年06月)

<<   作成日時 : 2009/07/02 22:24   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0



● オイスター『美徳乃不幸』 (一水社,2009年06月)
 ○ 蓑火1〜2

オイスター先生は商業エロマンガ界で1〜2位を争うハード凌辱作家。
ヒロインは瞳から光が消え、涙や汁を垂れ流し苦しみながらアクメる。
ハッピーエンド描いたことないのではないかと言うくらい凌辱オンリー。
ハードすぎるためボコ腹や拡張もファンタジー感がないくらい。
昨今の風紀粛清的なエロ表現規制により凌辱作家は減ってしまった。
これからも圧力に負けず頑張ってほしい。

本作「蓑火」ももちろん凌辱作品。いわゆる強姦NTRです。
強姦NTRは和姦NTRと違い背徳ではなく喪失がポイント。
愛する人が強姦によって失われてしまう点をどう表現するのか。
「夫(彼氏、息子)の目の前で犯されて」だけではちょっと弱い。
犯されてどうなったのかを描いてほしいところです。
その点、本作はなかなかのバッドエンド。
ストーカーに人妻の貞操が身も心もボロボロに破壊されてしまい、
色情ボケの肉便器になって夫と一緒に居られなくなる結末です。
ここまで強姦貫徹型のNTRは珍しい。
さすがは凌辱の大家であるオイスター先生といえます。


 ○───【 ストーリー 】───○

月乃はマンションの非常階段で見ず知らずの男にレイプされた。
相手は月乃のことを知っている。ストーカーだった。
ボロボロの月乃に男は巨大なアナルバイブ付きの貞操帯をはめる。
そして「あんな男より俺の方がいいってたっぷり教えてやるから」と嘯き、
貞操帯の鍵を外してやるから三日後に森林公園に来いと言い残して消える。

新妻月乃と夫の清志は幸せいっぱいの夫婦。
月乃は清志に心配させまいといつもと変わらず装った。
だが貞操帯を隠すため夫の愛撫を拒否しなくてはならないのが辛かった。
心の中で夫に謝りながら笑顔で出勤を見送る。
夫が出かけドアがしまるとその場に崩れ落ちる。
そして強制的に襲ってくるアクメに耐える。

森林公園。
貞操帯を外させるために男に再び会う。
月乃は「早く外しなさいよ」と毅然とした態度で接するが、
男はそんな彼女を弄ぶようにアナルバイブを掴むと無理矢理かき回す。
「夫にそんな口の効き方をしちゃダメだろ。
 俺が本物の月乃の夫なんだよ。今のアレは間違いだ。
 だから俺と結婚するのが一番の幸せだろ。」
そんな意味不明なことを言いながら異常な大きさの肉棒で犯してきた。
男は無理矢理に女を犯し尽くせば自分のものになると思っているようだ。
こんなキ○ガイに負けてはダメだと月乃は耐えた。
「セッS○Xは・・・っ 心でするものよっ
 私には清志さんだけ お前のち○こなんかっでっ感じるかっ」

だが月乃は人並み以上に快楽体質だった。
三日に渡る貞操帯バイブの強制アクメで何度もイっている。
男のチ○コはそれよりも遥かに凶悪なカリ付きである。
マグロのまま耐えられる訳がない。
野外の声が出せない状況も彼女の被虐に火をつけてしまい、
しょんべん垂れ流しながら男の上で失神絶頂してしまう。

一度タガが外れると何度もイカされる。
「(清志さん以外の男に性が満たされる訳がない。
 まだ今なら帰れる。今ならまだ清志さんのところに・・・)」
毎回男の膣内射精で意識をトばしながらもギリギリの精神を保つ。

そんな男と月乃の近くに複数の男たちが近づく。
男の後輩達が二人の様子を撮影していたのだ。
ストーカーとはいえ自分を愛しているはずの男が輪姦させようとする。
大勢の前で貞操帯が外され、三日も溜め込んだものが一気に噴出す。
恥辱と恐怖で月乃の精神は限界に近い。

しかし男の後輩たちによるレイプは凄惨だった。
まさに肉便器。休む間も与えられず全ての穴を容赦なく貫かれる。
そんな中でも彼女は狂わなかった。
夫のもとに帰るという気持ちが彼女を支えていた。
「(大丈夫・・・ほっとけば終わる 無視しとけば
 お夕飯・・・作れそうにないけど・・・そうだ・・・大っきいピザを取ろう・・・
 2人で一緒に食べよう おっきいの・・・・・・)」

いままで後輩たちに犯させていた男が月乃に近づく。
そしてケタ違いの凶悪な肉棒を挿入した。
心を殺して時が過ぎるの待っていた彼女だったが現実に引き戻される。
「っぎイ゛イ゛イ゛イ゛イ゛イ゛
 だめェ 抜いてっ 抜いてよおっ
 こんなの無視できないっ 違いすぎるうっ」
男が後輩達に輪姦させたのは他の男との違いを叩き込むためだったのだ。
「比べろ月乃 俺のちんぽ基準でモノ考えろ」
「こすっちゃだめェっ 奥っ 奥がああっ」
「頭ん中全部俺のちんぽでいっぱいにしろ」
「でっかいよぉっ ずっと子宮こすってるううっ」
「俺か俺以下のその他か それしかなくなるまでイキまくれっ」
「い゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」
連続で潮を吹き続けながらイキまくる。
そして子宮口がこじ開けられ大量の精液を流し込まれた。

夜。月乃は開放される。
家に帰るなり夫の清志に泣きながら今すぐ抱いてほしいと懇願する。
しかし夫に抱かれるがまったく感じない。
夫がイっても月乃はまったく気持ちよくもないのだ。
泣きながら必死に快楽を求めようとするがどうにもならない。
もはや清志の「無理してないか?辛そうだよ」という優しさも
月乃には今の私は無理しなきゃ清志さんを愛せないという絶望に変わる。

マンション入り口の前に車が泊まっている。
男が月乃が来るのを待っているのだ。
「心なんかすぐ変わるんだよ・・・けど体は一度変えると戻らなねえんだ」

しばらくすると男のいうとおりに月乃がマンションの入り口に現れる。
茫然自失でフラフラしながら下半身裸で下着もつけず。
汁垂れ流してオナりながら車の前に立つ男に近づく。
「おま○こして下さい ・・・・・・あなた」



 ○───【 NTRパターン 】───○
人妻NTR

 ○───【 NTR評価ポイント 】───○
1.親愛:★★★☆:若い幸せいっぱいの夫婦。
2.介入:★★★☆:ストーカー。妻を狙う危険な男。
3.体堕:★★★★:人妻の体が男によって変えられてしまう。
4.心堕:★★★☆:心の貞操が保てなくなる。
5.離完:★★★☆:男でしか感じない体にされ、夫を捨てる。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
オイスター 『美徳乃不幸』 (一水社,2009年06月) NTRクロニクル(寝取られ作品データベース)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる